ウィルチェアーラグビー 車椅子ラグビー ルール

枠

ウィルチェアーラグビー(車椅子ラグビー)のルール

ウィルチェアーラグビー(車椅子ラグビー)の基本ルールやファールの種類などをご紹介いたします。



ウィルチェアーラグビー(車椅子ラグビー)の基礎知識
ウィルチェアーラグビー ウィルチェアーラグビー
ウィルチェアーラグビーの歴史
ボールと車椅子
コートの広さと名称
競技時間
得点の種類
ボールの運び方
その他の基本ルール
選手のクラス分け

ボールの運び方、車椅子の規格など、ウィルチェアーラグビー(車椅子ラグビー)の基本的な知識をご紹介。

■ ウィルチェアーラグビー(車椅子ラグビー)
ウィルチェアーラグビー(車椅子ラグビー)とは、プレーヤーが車椅子を使用するラグビーのことです。

ウィルチェアーラグビー(車椅子ラグビー)はラグビー、バスケットボール、バレーボール、アイスホッケー等の要素が組合せられており、バスケットボール用のコートで行われます。

私は数回、観戦しましたが、車椅子競技で唯一、タックルなどコンタクトが認められている激しいスポーツなので一見危ないスポーツに見えましたが、コンタクトにも制限があり安全面も確保されていているので観戦していても楽しい競技です。


■ ウィルチェアーラグビー(車椅子ラグビー)の歴史
ウィルチェアーラグビー(車椅子ラグビー)は、四肢麻痺者等(頸椎損傷や四肢の切断、脳性麻痺等で四肢に障害を持つ者)が、チーム・スポーツをする機会を得るために1977年にカナダで考案され、欧米では広く普及している車椅子による国際的なスポーツです。

1996年のアトランタ・パラリンピックではデモンストレーション競技として初登場し、2000年シドニー・パラリンピックからは公式種目になりました。

日本では1996年11月に正式に競技が紹介され、1997年4月に連盟が設立され、現在、競技の国内普及と、パラリンピックや世界選手権等の国際大会への参戦を行っています。


■ ボールと車椅子
使用する車椅子は、車椅子同士の激しいタックルやポジションに応じた役割が果たせるような専用車椅子を用いる場合が多く、一般の車椅子よりも頑丈に作られています。

ボールは、バレーボール(5号球)を使用しています。

車椅子

相手に動きを止められないように フロント部分のバンパーを短く作られています

車椅子2

相手の動きを止める為に、フロント部分のバンパーが長く作られています

■ コートの広さと名称
コートは縦28m、横15mの長方形で縦の2本ラインを「サイドライン」、横の2本ラインを「エンドライン」、両サイドラインの中央を結ぶラインを「センターライン」と呼びます。

オレンジ色の区域(8m×1.75m)を「キーエリア」といい時間などの制限があります。

コートの広さと名称


■ 競技時間
競技時間は、1ピリオドが8分間で4ピリオド行われます。第1ピリオドと第3ピリオド終了後には1分間のインターバル、第2ピリオド終了後には5分間のインターバルが行われます。延長の場合、延長ピリオドは3分間ごとに区切られ、ピリオドの全てに2分間のインターバルが行われます。

1ピリオド インターバル 2ピリオド ハーフタイム 3ピリオド インターバル 4ピリオド
8分 1分 8分 5分 8分 1分 8分


■ 得点の種類
ウィルチェアーラグビー(車椅子ラグビー)の得点の種類は1種類です。
選手がボールを持ち、車椅子の2車輪が相手側のゴールライン(2つのゴールポスト間の8mのライン)上に達するか通過している状態で得点となります。


■ ボールの運び方
ウィルチェアーラグビー(車椅子ラグビー)では、車椅子に座ったままボールを扱わなくてはいけません。ボール保持者は、何回ハンドリムを押しても(車いすを漕いでも)構いませんが、10秒以内に1回はドリブルするか、パスを行わなければいけません。違反の場合は相手チームにボールの所有権が渡ります。

蹴ることを除き、投げたり手で打つことによりパスをしたり、転がしたり、バスケットボールのようにドリブルを行ってもよく、いかなる方向へも持ち運ぶことができますパスは通常のラグビー競技と違い、スローフォワード(前方へのパス)が認められています


■ その他の基本ルール
スローイン
ゴールやバイオレーション、またはファウルの後に試合を再開する時や、第2、3,4ピリオドの開始時に行います。スローインする場合、レフリーの開始を示すホイッスルの後に、ボールが10秒以内にオフェンスかディフェンスに触れなければなりません。違反の場合は相手チームにボールの所有権が渡ります。

スピニング
車椅子によるタックル(相手の車椅子に自分の車椅子を衝突させて妨害すること)がルールで認められていますが、後輪車軸より後方へのタックルによって、相手の車椅子を回転させてバランスを失わせたり転倒させるような場合は、スピニングというファールになります。

オフェンスのファールは相手チームにボールの所有権が渡り、ディフェンスのファールはその選手にペナルティーが科せられます。

15秒制限
オフェンス(攻撃するチーム)がバックコートでボールを入手した場合、15秒以内にフロントコート(相手側コート)にボールを持ち込まなければならなりません。違反した場合は相手チームにボールの所有権が渡ります。

バックコート
フロントコートでボールを所有している選手は、ボールを持っている間にバックコートに戻ったり、バックコートにいる味方選手にパスをしてはいけません。違反した場合は相手チームにボールの所有権が渡ります

イリガル・ユーズ・オブ・ザ・ハンズ&ホールディング
手や腕が相手選手(所有するボールを除く)に触れると、違法に手を使用したことなりファールになります。また、手等により相手選手の身体や車椅子を押さえるとホールディングのファールになります。

どちらも、オフェンスのファールは相手チームにボールの所有権が渡り、ディフェンスのファールはその選手にペナルティーが科せられます。

■ キーエリア(制限区域)内での制限
フォー・イン・ザ・キー
ディフェンスの場合、キーエリア内に同時に入れる人数は3人以下です。4人目がキーエリアに入った場合その選手にペナルティーが科せられます。

10秒制限
オフェンスは、10秒までエリア内に入っていることができます。10秒を越えた場合は相手チームにボールの所有権が渡ります。

ヘルドボール
両チームの選手がボールを奪いあっている時、両チームの選手の間やボールが車椅子の下に挟まった時、あるいは、両チームの選手が同時にボールをコート外に出したと判断された時等はヘルドボールとなり、サイドラインの指示された場所から、両者がスローインする権利を交互に得ます。

トラップ・ルール
ボールを所有している選手は、相手の車椅子によりトラップ(捕まり移動できなくなる)された場合は、レフリーが10秒カウントを終える前にパスを行うか、自ら車椅子の全長の1/2以上移動しなければなりません。10秒を越えた場合は相手チームにボールの所有権が渡ります。

タイムアウト
各チーム(チームがライブ状態にあるボールを所有している時)は、1試合に4回まで、1分間のタイムアウトを取ることができます。


■ 選手のクラス分け
クラス分けとは
ウィルチェアーラグビー(車椅子ラグビー)の選手には障害の程度によりそれぞれ持ち点が付けられます。障害の重い方0.5点~軽い方3.5点まで0.5点刻みの7段階に分けられます。1チーム4人の持ち点の合計が8点以下で構成されなければなりません。

このクラス分けの目的は、障害の重い選手も軽い選手も等しく試合に出場するチャンスを与えるためです。仮にこのクラス分け制度がなかったとすると、障害の軽い選手だけでチームを組むことが可能となり、障害の重い選手の出場機会を奪ってしまうことになります。

クラス0.5
上腕三頭筋の筋力は0~1、上腕二頭筋は0~5。弱化した肩甲帯・大胸筋(鎖骨部・胸骨部)および広背筋。車椅子プッシュ時に頭を上下に揺らしながら前屈みになる。ストップ、スタート、ターン時に前腕を使用する。

クラス1.0
上腕二頭筋、大胸筋鎖骨部の筋力は5、大胸筋胸骨部は2~3。長く車輪に手をつき三頭筋でのプッシュが可能。どの方向にもストップ、スタート、ターンができる。前腕か拳でのキャッチと弱いチェストパスが出来る。

クラス2.0
肩甲帯筋群、上腕二頭筋の筋力は5。上腕三頭筋、手関節背屈、掌屈は4~5。手指の筋力は0~2。手関節の屈曲によりボールをハンドリムで取る。効果的なチェストパスが出来る。

クラス3.0
肩甲帯筋群、上腕二頭筋、三頭筋、手関節掌屈・背屈は5。手指の機能的な動き(筋力3~5)。片手で車椅子を押さえて遠くに手を伸ばしたときの安定性。片手でどの位置でもドリブルが出来る。ボールさばきの際の機能的な手指の屈曲・伸展がある。

■ 体幹機能

0点
体幹の機能無し。

0.5点
プッシュ時、ピックアップ時に前傾を保つ。腕を使わず坐位姿勢をとる。車椅子の前でドリブルする。

1.0点
パス、ディフェンス動作の際の前方への屈曲のローテーション。腰で車椅子を操作できる。

※ これはあくまでも目安ですのです。

「トレーニングの基礎知識」 今日の常識は明日の非常識。
スポーツ科学では定説がめまぐるしく変わり、様々なことがおこなわれてきています。
当サイトでは、そのことをふまえてトレーニングの基礎知識がメイン構成になっています。
みんなで「トレーニング」をはじめましょう!